香りに誘われて

暮らす

Lino Linoは 2020年東京で生まれた

「香るアクセサリー」ブランドです


ディフューザー機能付きアクセサリーという

新たな装飾品ジャンルを展開していきます

TOPICS & NEWS

2020.10.23 (FRI)  FMはつかいちにてLino Linoが紹介されました。

2021.1.29 (FRI) 〜4.28(WED)  クラウドファンティング「Makuake」におけるCUBE174点の販売を終了しました。売上の一部はIMADR(反差別国際運動) 、国境なき医師団、WWF(世界自然保護基金)、日本乳がんピンクリボン運動、小児がんの子供たちを支えるゴールドリボン、子供虐待防止オレンジリボン運動へ寄付させて頂きました。

2021.4.18 (SUN) ~ 23(FRI) 匠の薔薇が毎年上野の東京都美術館にて開催されている全国美術公募作品展「第17回ベラドンナ・アート展」に入選しました。

2021.5.2 (FRI) ~ 4(MON)   日本橋堀留町「田源ビル」2FにてLino Lino ワークショップを開催。レジンによるアンブレラチャーム作りをご案内しました。

2021.6.11 (FRI) ~ 13(SUN)  福島県いわき市駅前複合商業施設LATOVにおけるフラワーアート匠の薔薇ワークショップはコロナによる影響の為延期となりました。延期後の日程は決まり次第掲載します。   

Lino Lino

伝えたいこと


平安の世から続く着物にお香を焚く文化、衣香(えこう)。

季節,行事,人への思いによって日本人は香りも着替えてきました。


気ぜわしい現代社会でも、その日の香りを選ぶひとときは

私たちの日常に少しのゆとりと彩りを与えてくれるはずです。


日々の暮らしを香りと共に、Lino Linoです。

Lino Lino

"Lino"はハワイ語で「輝く、結ぶ」という意味。Lino Linoの作品が人と人を結びそこに笑顔が生まれる、そんな思いでこのブランドを立ち上げました。
Lino Linoは「香り」を通して、日常にささやかな彩りを願う、香るアクセサリーブランドです。

アクセサリー

香るアクセサリーの特徴

香るアクセサリーの中央に据えられているシンボリックな石膏に精油の雫を垂らす事で、周囲に香りが広がります。
無数にあいた石膏の微細な穴は精油の揮発に適しており、香水とは違う精油本来の自然な香りを、種類を変えて何度でも楽しむ事が出来ます。
Lino Linoでは石膏の調合、成型から行っており、強度やデザイン性に優れた独自の香るアクセサリーを提供しています。

香るアクセサリー

実用新案登録・商標登録出願中

取り組み

Lino Linoは空港のポップアップストアや原宿駅前WITH HARAJUKU「HARAJU Cross  JMC_est」(期間限定'20/6月-'21/5月)、歌舞伎役者御用達で200年以上の歴史を誇る足袋専門店大野屋總本店、日本橋の老舗呉服問屋田源での出品を通じ、内外のお客様へ日本の手仕事の良さをお伝えしようとしています。


仲間たちとの思い

令和元年12月1日、東郷神社で開催された和文化発信のイベントで多くの素敵な仲間たちと出会うことが出来ました。日本の魅力を伝える記念品として「匠の薔薇」もここで生まれました。小さな一歩でも、日本の素晴らしさを伝えていきたいと思っています。

NIGHT東郷

上記ダイジェスト動画では各国大使からのコメントも寄せられています。(1分42秒)

精油について

英国ロンドンにて創業175年を越える歴史を誇るBaldwin社。ロンドン最古のハーバリストとして多くのセレブリティに親しまれています。人にも自然にも優しい最良品質の精油は、その価値を本当に解る人にしか託せないとBaldwin社は世界直販を貫いて来ましたが、唯一認められた輸入総代理店がここ日本に在りました。Lino Linoはそのヴォルドインジャパン様からも希少な精油をご提供頂いています。
また、ヒバや柚子の国産精油もご用意しております。

香るアクセサリー

<Baldwin精油ラインナップ>
 ローズマリー、ティートゥリー、ラベンダー、レモン、
 ペパーミント、5種類のご用意があります。

ギャラリー

匠の薔薇

「匠の薔薇」はヒバの木を鉋で削り、一枚ずつ手作業で花びらをこしらえ薔薇に成型するという非常に手の込んだ作品です。天然の木と繊細な手仕事から、日本の自然と匠の技を感じて頂きたいという思いで作られています。この作品は東郷神社の催しで出逢った大工の棟梁とのコラボレーションから生まれました。ヒバの精油と共にディフューザー機能を備えたアートフラワーオブジェです。
(実用新案登録済・商標登録出願中)

香るアクセサリー

香るマスクアクセサリー

世界中の人がマスクをする時代を誰が予想したでしょうか。でも、そんな毎日を少しでも快適に明るく暮らしたい、そんな気持ちで製作しました。石膏部分に精油を垂らしてマスクの端に装着すると一日中爽やかな香りで過ごせます。また、バッグの中で迷子になりがちなマスクを内ポケットに留めておくマスクフォルダーとしても便利にお使い頂けます。マスク以外にも髪飾りやブローチなどアイデア次第で楽しんでお使い頂けます。詳しくはインスタアカウントもしくはオンラインショップをご覧ください。
(実用新案登録出願中)

香るアクセサリー

香るアクセサリー

桜は散るから美しい、桜のはかなさを海外の方にどう伝えれば良いか? そんな問いからこの香るアクセサリーは生まれました。源氏物語の時代にも遡る「残り香」という和文化は今も私たちの日常において垣間見る事が出来ると思います。
つまみ細工、水引、レジンなどのハンドメイド技術に香りをのせた香るアクセサリーシリーズは、香水が苦手な方でもさりげなく香りを纏うことが出来ます。
アクセサリーの種類はピアス、スカーフ留め、帯留、羽織紐、ネクタイピンなど多岐に渡るので詳しくはオンラインショップをご覧ください。
(実用新案登録・商標登録出願中)

ボトルアクセサリー

ボトルアクセサリー

「ハレとケ」は日本人が昔から大切にしてきた世界観です。毎日がハレの日となってしまった現代社会、落ち着いた普段の日常「ケ」と「ハレ」とのメリハリがサステナブルな社会にとって大切なのかも知れません。ハレの日を演出するボトルアクセサリー、そんな思いを込めて作りました。

匠の薔薇製作動画